2008年03月23日

0339『新書365冊』

★★★3
新書365冊 (朝日新書)
新書365冊 (朝日新書)
宮崎 哲弥

古今東西新書をバッサリ。
その是非はともかくとして、月60冊(?!)の読書量とか、おそるべし。
そしてそれできちんと内容が理解できているのがおそるべし。
僕なんかでは、知的な新書は1週間くらいかかる(泣)

 新書というのは、世界にも稀な大衆啓蒙メディアで、こんなに気軽に、広範な知識に触れられる日本人は幸せだと思います。だから出版社も、もっと新書というメディアを大事にして欲しい。私にとって新書というのは、何よりも既存の価値観を揺さぶられる、そういう体験をもたらしてくれるものです。そういう新書を、どんどん出して欲しい。既存の知識を、安易にコピペしたり、思い付きをただ繋げたような新書は勘弁してもらいたい。
 じゃないとまた新書評を再開する気になれないよ。(360)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック