2008年03月23日

0338『ねじまき鳥クロニクル』

★★★★★5
ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)
ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編 (新潮文庫)
ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編 (新潮文庫)

ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉鳥刺し男編 (新潮文庫)
ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉鳥刺し男編 (新潮文庫)
村上 春樹

大傑作。
まとまりがないとかいろいろ言われても、全体として素晴らしい小説。
これが読めて、よかった。

大学の卒論はこの大長編の前身となった、短編「ねじまき鳥と火曜日の女たち」がいかに海外に翻訳されたかとか、この作品がいかに"Wind up bird chronicle"に「削られながら」翻訳されたか、とかをやった。

作品は妻が失踪する話でもあり、当時の僕の心境と非常にマッチンぐーしたので(失礼)忘れ得ない作品となった。

参考:0115『ねじまき鳥の探し方』
posted by B&M at 07:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック