2008年03月23日

0337『ぼくはこんな本を読んできた―立花式読書論、読書術、書斎論』

★★★3
ぼくはこんな本を読んできた―立花式読書論、読書術、書斎論
ぼくはこんな本を読んできた―立花式読書論、読書術、書斎論
立花 隆

知の巨匠。
「ネコビル」なる建物を造り、その要塞の中で知的生産を行う。
少しでもこの人に近しくなろうと思うのだが、到底ムリだ。
でも、その方法とか試行錯誤は参考になる。

 私の好みの書斎の条件は、1外界から隔絶された、2狭い、3機能的に構成された、くうかんである。
 そういう空間を作るのに、リンゴ箱はまたとない素材だった。(ハードp80)
その「わが要塞」の中で、椅子に座ったままで500冊くらい、ちょっと立ち上がるとさらに1500冊くらいの書物にアプローチできる、計2000冊というから驚き!!!

文庫版:
ぼくはこんな本を読んできた―立花式読書論、読書術、書斎論 (文春文庫)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。