2008年03月23日

0334『現代人の読書』

★★2
現代人の読書 (三一新書 435)
紀田 順一郎

もう聞かない新書の名前である。三一新書。
読書に関するいろいろ、紀田氏の場合。

六畳一間の団地アパート、盛り場周辺の貸間、慌しいオフィスや税務所の待合ベンチ──いずれこんな環境で読書することはやめるべきであろうが、他に時間がないからには、主観的に「独り灯」の境地をつくるような修養を積まねばなるまい。(p172)
本の保管とか補修とかまで網羅した全体的な本を目指している。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック