2008年03月21日

0327『フェイク』

★★2
フェイク (集英社文庫―コミック版)
フェイク (集英社文庫―コミック版)
槇村 さとる

超能力系の話。
『イマジン・ノート』の槇村さんに興味があって読んだ。
読んでるとちょっと疲れるのは、文庫版だかということだけか?

「これ・・・ロッカーのカギじゃないか」
「そうなのかい・・・」
「なんでこんなもん持ってんだよ」
「知らない。思い出そうとしてもダメなんだ。あたしゃ自分の思いでがないんだよ」
「「フェイク」だ」
「でもこのカギはあたしの一番大事なものなんだ。これがないと悲しくなっちゃうんだ。」

「早く・・・逃げな」(p184,185)
posted by B&M at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。