2008年03月20日

0321『書きあぐねている人のための小説入門』

★★★★★5

書きあぐねている人のための小説入門 (中公文庫)

書きあぐねている人のための小説入門 (中公文庫)

  • 作者: 保坂 和志
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2008/11
  • メディア: 文庫




※この本は、0040『書きあぐねている人のための小説入門』に既に投稿していた。文庫版を読んだ、ということで、据え置くことにする。(2010/08/12)

保坂氏の小説についての考察、哲学みたいなものは、読んでいて非常に面白い。
この本はその中でも特にテクニカルな部分に言及している本だが、やっぱり哲学で、ハウツー本というには気が引ける。

 自分の小説の行き詰まりをテクニック不足が原因だと考える人は「小説の書き方マニュアル」を信じる律義さと同じで、たしかに真面目で素直ないい人ではあるだろうが、本当に自分が書きたいことが何なのかをきちんと考えていないという意味で、怠けているということになる。(p35)


僕にとって、小説を書く上でのバイブル的存在。
もちろんハックスとかハウツーとかテクニックみたいなものを採用して試してみるほうがラクだ。
この本が求めているような、難儀して考えるようなたぐいのことはしんどい。
だからときどき逃げる。
でも、やっぱり僕は、結局は、ここに書かれてあるようなことに到達したい、とどこかで願っている。
posted by B&M at 23:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たしかに、マニュアルにこだわりすぎて書けていないというのは、あります。
まだまだ初心者の私は、まず書くことからはじめなければ、いけません。

B&Mさんはどこかに、創作されたものupしてますか、読ませてくださいな。よろしくです。
Posted by 小生 at 2008年03月23日 13:49
こんにちは、小生さん。
創作したものですが、恥ずかしいものながら、右上のアイコンの最右のところ(http://25pestory.seesaa.net)で公開しております。
お目汚しでしょうが、よろしければ感想などいただければ幸いですm(_ _)m
Posted by B&M at 2008年03月23日 19:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック