2008年03月20日

0315『プロフェッショナル 仕事の流儀〈3〉』

★★★3
プロフェッショナル 仕事の流儀〈3〉
プロフェッショナル 仕事の流儀〈3〉

テレビ番組の書籍化。
NHKはけっこうやっている。
特に、「塾・予備校英語講師 竹岡広信」の章を読む。

 本当は、英語の授業に落ちこぼれはいないはずなんです。しょせん言語ですから。アメリカへ行けば誰だってしゃべっているわけですから、落ちこぼれなんているわけがないのです。(p114)

テレビよりは情報が多いのかな?
逆に、テレビではあったが本書にはない部分もあるようだ。
「生徒をできるだけ邪魔せんように。ともかく壊さないように」というくだりは、手厳しい言いかただが、本書にはなかった。
posted by B&M at 20:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

“できる人”とは?
Excerpt: 先日、あるキャリアコンサルタントの方と話をしたときに出た話題です。“できる人=実績を出せる人”ですが、じゃぁそれってどんな人?例えば、“自分の人脈を持っている人”“自分の専門性のある人”など言われるこ..
Weblog: 転職のやり方
Tracked: 2008-03-20 20:48