2008年02月23日

0294『教師の聞き方・話し方パワーアップ術』

★★★3
教師の聞き方・話し方パワーアップ術
高階 玲治,松永 昌幸

 しかし、「聞き方・話し方」は教育の基本である。教育作用とは、相手に働きかけることによって知的水準の向上をめざすことであるが、そのコミュニケーションの基本が「聞き方・話し方」である。(まえがき)

小学校勤務時代に通勤電車の中で読んだ本で、内容も小学校寄りだったのでおもしろく読んだ。でも中学生にも通じることだし、いろいろな指摘も的を得ていた。
教員をはじめて間もない頃に読んでいろいろなことを考えた、印象深い一冊。
 そして、忘れてはいけないのは、指名発言とか発表といった「公式」なルートに乗ったものだけでなく「公式」なルートから外れたつぶやきや表情や動きを子どもの本音として聞き取り、後押ししてあげることである。(p53)
posted by B&M at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック