2008年02月23日

0293『象工場のハッピーエンド』

★★2
象工場のハッピーエンド (新潮文庫)
安西 水丸,村上 春樹

黄金コンビの初期イラストエッセイ。
巻末に、
村上:僕、割に多く注文つけちゃうんですよね。今回は字だけでやってほしいとか。
安西:注文つけられると、束縛された気分になってつらいっていう人がいるけど、村上さんの場合にはそんなことないみたい。最初にパッと言った後は、もうなんにも言わないから。その後は、相性が好いっていうのか、とても自由に描けるんだよね。
なんて対談もあったりして。

言われてみれば初期の村上作品は、長編は佐々木マキ氏、短編は安西水丸氏だったなあ。
posted by B&M at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック