2008年02月17日

0279『ランゲルハンス島の午後』

★★★3
ランゲルハンス島の午後 (新潮文庫)
安西 水丸,村上 春樹

春樹さんの文章と、水丸さんのイラスト。
その後の黄金コンビのお仕事。

 下着のTシャツというのもかなり好きである。おろしたてのコットンの匂いのする白いTシャツを頭からかぶるときのあの気持ちもやはり【小確幸】のひとつである。(p83)

僕は春樹さんの小説も好きだが、何より春樹さんのライフスタイルみたいなものに最も魅かれたタイプかな、と思ったりもする。
春樹さんのように書き、生きること。
そういうライフスタイルの流布というか、モードの確立というか、そういうことをやっていた頃のエッセイ。
posted by B&M at 09:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック