2008年02月10日

0271『ショートソング』

★★★★★5
ショートソング 1 (1) (ジャンプコミックスデラックス)
枡野 浩一,小手川 ゆあ

短歌は初心者のころのほうが楽しいんだ。
つくればつくるほど苦しくなる。
とことん苦しくなるくらいやってみろよ。
それが才能あるやつの務めなんだから。(第一巻p70)


短歌でつづる、吉祥寺周辺の青春。
原作(小説)の枡野さんは南Q太さんの元夫で、歌人。

短歌をこれほど楽しく魅せてくれるのはすごい。
プロデュース力、というような意味でも参考になる作品だと思う。
まあもちろん、短歌をやればこんな風に美女に囲まれたりモテたりするわけでもないだろうが(笑)
随所に読ませる工夫があって、すごい。

芸術家のための言葉、みたいなのもよい。
創作物の面白いところは正しさとは別にあるんだ。
受け取る側はそれをわかってなくちゃいけない。
物を作らないやつには永遠にわかってもらえないかもしれないが(第2巻p81)

絵もうまい。
文句なしに面白かった。

わたしたちは五七五七七のフレームで捉えればいいのよ 虹を(第2巻p204)


ショートソング 2 (2) (ジャンプコミックスデラックス)
ショートソング 2 (2) (ジャンプコミックスデラックス)
枡野 浩一,小手川 ゆあ
posted by B&M at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック