2008年02月03日

0264『サディスト神様マゾヒスト仔羊』

★★★3
サディスト神様マゾヒスト仔羊
羽央

0238『強く儚い少女達』の羽央さんの、2作目だそうだ。
『強く』のほうはお蔵入りかと思われていた作品を集めたものだそうで、時間的にはかぶる作品もあるみたい。
でも、『強く』のほうが、好きかなあ。
はじめての羽央作品だったからかなあ。

ちょっと今回、食傷気味かと思った。
同じようなテーマを追求しているわけだけれども。

男と一緒に寝てんのに
やんなかったのは

初めての事です(p198)

南Q太氏が化けたように、この作家さんは今後化けるのだろうか?
それは時間が経ってみないとわからない。

けっこうめちゃくちゃな展開の表題作。

ありきたりな幼なじみの話だけど、「独りぼっちでぶっ壊れてたんでしょ・・・(p122)」にはちょっと新しさというか、感じるところがある『ガキでもできる。』

あと、『カニバリズム食卓』がよかった。
posted by B&M at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック