2008年01月26日

0261『情報大爆発』

★★★★★5
情報大爆発―コミュニケーション・デザインはどう変わるか
情報大爆発―コミュニケーション・デザインはどう変わるか
秋山 隆平

その豊富な情報量、わかりやすさ、「プレゼンテーション本」という新しさ。
示唆に富み、刺激的だった一冊。
超オススメです。

昨年11月、買い控えていたのですが(情報大爆発)、その後衝動買いし(平日が休日が買い物が投稿がマルホランドが)、インデックスコンテンツ論考の大いなる助けとなってくれました。(参考:25peso内『情報大爆発』検索

常識だった人もいるかもしれませんが、「アテンション」という考え方は慧眼でした。

広告に関する話なのですが、インターネットの現象、ネットワークといったところを僕にもわかりやすく噛み砕いて「プレゼン」してくれます。

消費者は、結局、自分の時間コストであるアテンションを過大評価しがちなのです。
そして、自分でいくらでも選択できるものや、テレビや映画のように、期限が来ると消え去ってしまうというプレッシャーの無いものの優先順位は低くなり、最初は楽しみであったものが、最後には重荷に変わってしまうのだと、教授は言っています。(p71)
posted by B&M at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック