2008年01月14日

0248『海外作家の文章読本』

★★★★4
海外作家の文章読本 (新潮ムック―海外作家の仕事場)

新潮社、0003『来たるべき作家たち』の続編。
前作の小説一辺倒だったのに加え、ノンフィクションや回想録、旅行記、エッセイといった様々なジャンルの海外作家さんたちがラインナップされた。
残念ながらこのシリーズはこの2冊で終わっているようだ。
続編、出てほしいなあ。

日本作家からは沢木耕太郎氏と山田詠美氏が紹介されている。

個人的には0097『アムステルダム』のイアン・マキューアン、ジョン・アーヴィングの写真とインタビューがあるだけで大満足。

人生が充実していれば、いわゆるリサーチは不要なのかもしれない。(p160)


参考:
イアン・マキューアン インタビュー by 大野和基
このページ、誤字が多いなあ。雑誌からスキャンしたんだろうか。マキューアン氏に対する愛情もあまり感じられない。客観的、ということ?村上春樹氏から言わせると、あまりいいインタビューとは言えないんじゃないかな。

市川たくじインタヴュー
『いま、会いにいきます』の市川氏はマキューアンのファンだという。

ランダムウォークな日々: イアン・マキューアンに盗用疑惑
トマス・ピンチョンが擁護だなんて、知らなかったなあ。
posted by B&M at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

深夜特急〈3〉インド・ネパール (新潮文庫)
Excerpt: カルカッタ/ブッダガヤ/カトマンズ/ベナレス/デリーと転々としながらいろんな経験をしている様子が分かります。筆者が旅行をしている時代のインド/ネパールの状況も分かります。現在の状況と比較してみたくなり..
Weblog: ノンフィクションがたくさん
Tracked: 2008-02-13 06:05