2008年01月13日

0237『ラブ・ゾンビ』

★★★★4
ラブ・ゾンビ (九竜コミックス)
山崎 さやか

タイトルに魅かれて買ったのですが、収穫でした。
山崎さやか。
やるじゃないか。
物語の持ってき所が独特。
女性でエロなんかも描いたりして。

「ってえ!イテーよ!!」
「前立腺感じた?」
「ぶっ殺すぞてめーー!!」(「主婦201号室」)

依存の「ラブ・ゾンビ」、団地妻の「主婦201号室」、田舎農業の「HIKARI」、タイトル通りの「便所」、デビューしたての背景ざっぱでちょっと岡崎京子?な「群青」、そして

「お前マジで家の仕事継ぐ気なわけ?ブタだろー?地味だしつまんねーじゃん。だいたい一生の仕事今 決めなくたって・・・東京行っていろんなこと知ってから、やりたいことみつけたほうがいいよ。」(「P-good」)

田舎の養豚、「P-good」。

「作品小咄」には書き直しのことを書かれていましたが、女性なのに、エロをよく心得ておられます。
posted by B&M at 05:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック