2008年01月01日

0223『レバレッジ・リーディング』

★★★★4
レバレッジ・リーディング
レバレッジ・リーディング
本田 直之

わかりやすくクリアな文章で、かなり面白かった。
どこかで読んだよ、ということも、確認したり、再考したりできた。
ところで、「すでにどこかで書かれてあること」が一冊の新刊の中に占める割合は、どのくらいまで許されるだろうか?
もちろん、読書法なんてごまんとあるジャンルの本だから、その中で2割でも新しいことや先進的なあればいいだろうか?
そういう意味では、じゅうぶんそのくらいは、読みでのある部分が、僕については、あった。

第2章はこの頃考えている、消費者は「インデックス」とどう接するべきか、みたいなことを考えながら読んで、いいカンフル剤になった。

 わたしも一時期、そんなふうに思っていました。
 ある程度の量を読んだら、もういいのではないか。仕事の「基礎体力」とでもいうべきものが身についたら、あとはその貯金だけでやっていけるのではないか・・・。(p47)

しかし、本書はあくまでビジネス書の読み方であって、実用的な、樋口氏(0140『差がつく読書』の著者)の言い方なら「実読」のほうにしか焦点が当たっていない。
僕の場合は小説もこれからたくさん読まないとなあ、と思っているので、そのあたりは平野啓一郎氏のほうを読んでみるか・・・。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック