2007年12月27日

0195『ダーリンの頭ン中』

★★★★4
ダーリンの頭ン中 英語と語学
ダーリンの頭ン中 英語と語学
小栗 左多里,トニー・ラズロ

0187『ダーリンは外国人』の姉妹書。
こちらは「英語と語学」というサブタイトルが示すように、言葉や文化についての差異などのことが詳しく書かれ、こっちも英語教師としては見逃せない。

「テンションって張られる状態のものでしょ?」
「張られる?どういう意味?」
「だってテンションってさあ・・・」
posted by B&M at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック