2007年12月16日

0168『カワイコちゃんを2度見る』

★★★★4
カワイコちゃんを2度見る
カワイコちゃんを2度見る
福満 しげゆき

福満氏は、精神が不安定なときは読まないほうがいいかな、というような、か弱さが滲み出てくるような絵を描く人だ。

それは、描かれる人物達の目と、この細い線から最も感じられるものだけれど、それだけじゃなくて、もう、話とかなんかも、すごい。

「日本のアルバイト」は、ゾンビ好きな僕としては面白く読んだ。
「日本にゾンビがいたらこんな感じかな」というコンセプトで作られたそうだが、うんそんな感じかも知れない、と思った。
高齢化社会だしね。(いろいろ不謹慎な発言には目をつぶってください。)

「まず上司を殺して次に妻を殺す!
アイツらがどんなにオレにプレッシャーをかけたか・・・
だからこんなふうにはりついちゃったんだ・・・
たのむ!復讐させてくれ!!」
「・・・部活とかあるから・・・」

この表紙の女の子にぴんときたら、読んでみたらいいと思う。
posted by B&M at 09:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック