2007年11月23日

0140『差がつく読書』

★★★★4
差がつく読書 (角川oneテーマ21 (B-95))
差がつく読書 (角川oneテーマ21 (B-95))
樋口 裕一

樋口さんご自身も本書の中で述べているが、文章の書き方が、文学的作品のような凝ったものではなく、水のようで、わかりやすい。

特に第2部「楽読」のくだりは、読んでいて非常によくまとまっていると思った。
「創作」のための本としてもオススメ。

それに触れたら火傷するような世界観を示すのが、芸術の役割なのだ。もちろん、実際にはそれは難しい。日常生活に埋没している人の世界観を揺るがすのは、並大抵のことではない。よほどの才能、よほどの技術が必要だ。それに、心の底から人を動かすことは難しい。みんなの心を動かすのも難しい。だが、一握りでも、心を動かすことを求めて芸術を作る。心を動かされることを求めて、芸術に触れる。


25peso:朝読書で、B&M先生がいつか言おうと思ったことのメモでも少し引用した。

大学時代に触れた、懐かしい「テクスト」理論にも触れられていて、ほんとう、幅が広いと思った。

 したがって、「作者は何を考えたのだろうか」などと考える必要はない。読者は作者に従属するわけではない。もっと自由に文章を読んで、そこにあるさまざまな要素を読み取ることができる。
posted by B&M at 18:23| Comment(0) | TrackBack(1) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

差がつく読書
Excerpt:  私は、活字中毒の気があるのか、暇さえあれば、本を読んでいる。読みたい本があまりにも多いので、なんとか限られた時間で速く読みたいと思い、読書法に関する本もよく読む。今日紹介する「差がつく読書」(樋口裕..
Weblog: 読書と時折の旅 (風と雲の郷本館)
Tracked: 2008-03-01 10:25

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。