2007年09月17日

0084『海辺のずかん』

★★2
Image
海辺のずかん (福音館のかがくのほん)
松岡 達英

0009『冒険図鑑―野外で生活するために』の松岡さんの絵による海辺の図鑑。
少年時代の僕が『冒険図鑑』とどちらを先に手に入れたのだったか、もう記憶にはない。

今の子どもたちは、ちゃんとこの図鑑の男の子みたいに、家族とこういう体験をしているだろうか?
ゲームの中だけで自然と触れ合っているのだろうか?

でも、なんのことはない。
もうすでに僕の子供時代から、自然は遠いものになっていた。
僕は電脳ではないであれ、こうした図鑑を通して空想の中の自然に遊び、わずかだけ、本物の「体験」をした。

そういうことについての反省はこうしてすれど、やっぱりなかなか、自然の中に飛び込むことは、難しいのが現実。


学校という職場は子どもたちとそういうことを体験する機会が多いんじゃないかと思われるだろうが、実際は、安全管理やなんかで、やっぱり、難しいのが現実だ。

海にせなかを向けてはあぶないよ!
posted by B&M at 13:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック