2007年09月08日

0076『ぴっぴら帳』

★★★3
ぴっぴら帳 (完結編)
ぴっぴら帳 (完結編)
こうの 史代

トイレでちょっとずつ読んでいた本。
仕事がつらい日などに開くと、そののどかな日常にちょっと元気になれたり。

0030『夕凪の街桜の国』のこうの史代さんの小鳥たちとの日常を描いたまんがです。
「おしまいに」によると、7年も描き継いだとか・・・。
この「おしまいに」、こうのさんの創作の苦しみなどが垣間見え、なるほどなあと。

「やれやれ・・・クリスマスクリスマスとキリスト教徒でもないくせに」
「まったくねえ・・・日本にはもともと八百万(やおよろず)の神々がいてそれぞれに合ったまつり方をしてきたんですよ・・・それを今さらひとり増えたぐらいでつべこべと・・・あんたそれでも日本人かい?!」
どーん
「オレかい!?」
posted by B&M at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック