2007年09月01日

0066『ありがとう、さようなら』

★★★★★5
ありがとう、さようなら (ダ・ヴィンチ ブックス) [単行本(ソフトカバー)] / 瀬尾 まいこ (著); メディアファクトリー (刊)
ありがとう、さようなら (ダ・ヴィンチブックス)
瀬尾まいこ

0010『見えない誰かと』に続く著者の2冊目のエッセイ集である。
雑誌『ダ・ヴィンチ』2003年9月号から2007年4月号まで連載されていたものに、若干の加筆・訂正、いくつかの書き下ろしが加わっている。
雑誌の方ではAyumi Shimodaという人のほのぼのイラストも楽しめた。
僕は『ダ・ヴィンチ』を購読していないのでときどき目にしたくらいだけど。

やはり同じ職業として、一人の先輩として、大事な人だ。
その一編一編を読むごとに、早く学校に行きたいという気持ちがいっぱいになる。
そして、早くそんな担任がしてみたい、そんな生徒と出会いたい、と思う。

また、教師兼小説家としての先輩としても大事な人だ。
この仕事をしながらも書けるということで、僕を計り知れず勇気づけてくれた。
陸上部の男の子が「ファンです」とたずねてきたということだが、そしてご自身あとがきにも書かれているが、教師というただでさえ風当たりの厳しい職業に、小説家というオプションを携えて。
どれほどのプレッシャーだろうかと思う。

それでもひょうひょうと生きていらっしゃるのだろうか、なんて思わせてくれるから、このエッセイはすごい。

本を通じて、僕も瀬尾先生の生徒のひとりになれました。

「おみゃあが出してる学級通信と区別つかんわや」
『ダ・ヴィンチ』2007年9月号にこの本の広告が載っていた。
そこには読者のあたたかい感想が書かれてある。
ふたつほど引用したい。

「私はのんきでめんどくさがりやで、勉強嫌いの陸上バカですが、やっぱり先生目指して私なりに努力して見ようと思いました。(15歳 女性)」

「私も中学校の講師をやっていることもあり、瀬尾さんの作品に出てくる中学生の言動が手に取るようにわかります。作品に勇気づけられて、やっぱり教師って面白くて、素晴らしい仕事だと実感しました。(27歳 男性)」

文庫版が出ています。
ありがとう、さようなら (MF文庫ダ・ヴィンチ) [文庫] / 瀬尾 まいこ (著); 志村貴子 (イラスト); メディアファクトリー (刊)
posted by B&M at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(2) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「ありがとう、さようなら」瀬尾まいこ
Excerpt: ありがとう、さようなら (ダ・ヴィンチブックス) 現役の中学の先生である瀬尾さんが「温室デイズ」のような作品を書いたことにショックを受けていたところ、「ダ・ヴィンチ」に瀬尾さんがエッセイを書いて..
Weblog: 本のある生活
Tracked: 2007-09-01 21:18

ありがとう、さようなら 瀬尾まいこ
Excerpt: イラストレーションは七字由布。ブックデザインは池田進吾(67)。『ダ・ヴィンチ』2003年9月号〜2007年4月号連載に書き下ろし加筆のエッセイ。 中学校国語科教員としての日々。健気で律儀で可愛..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2007-09-05 02:34