2007年08月07日

0010『見えない誰かと』

★★★★4

見えない誰かと

見えない誰かと

  • 作者: 瀬尾 まいこ
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 単行本



でも、何年も学校という場で働いていると、変な理屈が身についてしまう。うまいことを言っておくほうが楽なことも多いから、要領も覚えてしまう。残念ながら、私も年々理屈にかまけてつまらない人間になっていた。(p13,14)

瀬尾まいこさんは、京都で国語の教鞭をとっていらっしゃる、現役の中学校教師である。
彼女は僕の希望でもある。
教員でも、傍らで小説は書けるのだ。

そんな瀬尾さんの講師時代のエッセイが読める。
「アンコール卒業式」
「パートのおばちゃん」
「教科書を捨て、郊外に出よ」
学校を日常とする著者のエッセイ集。

どれだけ言葉を使って表現しても、なかなか本物の中学生には追いつかない。ちょっとやそっとで表現できないくらい、素敵な中学生にもっともっと出会っていきたい。(p157)


文庫版が出てます:

見えない誰かと (祥伝社文庫)

見えない誰かと (祥伝社文庫)

  • 作者: 瀬尾 まいこ
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2009/07/24
  • メディア: 文庫



posted by B&M at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック