2020年09月19日

読書ブログの効用について

さて、目標だった1000冊を越えてもまだこの読書ブログを続けています。

本を買って、あるいは図書館で本を借りて。
この頃ではKindleで借りて、Kindleで買って、読むことも。
読み上げ機能や朗読されているものを、耳で聴く読書もしています。
それぞれの体験をもとに、しかし、読み終わったときに、とりあえず記録する場所があるのは、いいことだと感じています。

いろいろなやり方で読書をするようになってきました。
それらを一元管理して、記録しておくことには意味があるように思います。

読書のスピードとか、読書後の保管場所もさまざまになってきました。
書棚に収まる本、図書館へ帰っていく本、電子データとして見えなくなっていく本。
そういう意味でも、一元管理は便利です。

ブログを見返すときは、自分の本棚を眺めるときに似ています。
自分の読書の履歴を眺めて、ああ、そういえばひと月前、こんな本読んだんだったよなあ、とかって思うのは楽しいことです。
でも、昔、自分の本棚を眺めていたときとは、体験は異なります。
まず、背表紙ではなくて、すべて表紙を眺めながらふりかえることができます。
そこに、引用文とか、そのときの気分メモとか、日付とかが加わっています。
昔のリアル本棚なら、本の奥付に書いておくこともできたし、ふせんを貼ることもできたし、というところです。
ただ、本棚の前に立たないとそれはできなかったことが、いつでもどこでも、見返すことができる、というところは違います。
また、いちいち手にとることなく、その引用文とかコメントとかを一緒に見ることができます。
リアル本なら場所もとるし、ただただふくれあがっていく、それで猫ビルとか、本棚用の別の部屋を借りたり、それで床を抜かせてしまったり、とか、そういう話もありましたけれど、今は無限に広がる四次元ポケットのようなものの中に収めることができる。
ちょっとめんどくさいですが、自分の場合、アマゾンリンクを貼っているので、クリックすると、購入している本はアクセスが楽ですし、手放してしまった本でも、Kindle化されているものなら、試し読みやサンプルダウンロードで見返して空気感とかを確かめることはできます。
リアル本で読んで手放したものでも、Kindle版のほうで読み返すこともできます。

新しい読書管理だなあ、と思っています。
posted by B&M at 18:53 | Comment(0) | 管理者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。