2020年07月12日

1138『賢人の手帳術』

★★★★4
賢人の手帳術 - 糸井 重里, 小室 淑恵, 蔭山 英男, 八代 英輝, 佐久間 英彰
賢人の手帳術 - 糸井 重里, 小室 淑恵, 蔭山 英男, 八代 英輝, 佐久間 英彰

けっこう面白かった。

糸井さんの「ほぼ日手帳」は使っていないのだけれど、ほぼ日刊イトイ新聞が続いていること、コロナ禍で読んだ「今日のダーリン」に癒されたこと。
その糸井さんが、手帳は「書くだけではなく読むもの」とか書かれていて。

「細切れ時間にすることリスト」を紹介されている人もいて、3分あったら、15分あったら、という意識をもてる。
この、「何分でこの作業をしているんだろう」というところで、タイム・ログが重要になってくるんだろう。
iPhoneの「たすくま」とかでされている人もいるけれど、アプリが3000円とかで高いので、こちらはやっていない。
齋藤孝さんは、「ストップウォッチをもって生活を」と言っておられたけど、まあ、そういう感じで。
この頃は逆に、1時間を4分割した「15分」でできること、を考えていて、1時間あれば15分作業が4つできるな、とかいう思考法はどうだろうか、と考えている。
そのために、MacとiPhone版の「BeFocused」というアプリを購入して(BackToSchoolフェアで250円と120円だった)、15分ごとにお知らせしてもらっていたりする。
ブログ投稿なんかは、その時間枠の中でやろう、とか考えていて。
posted by B&M at 10:06 | Comment(0) | 整理法・手帳・書斎・家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。