2020年06月06日

1100『7つの習慣ティーンズ』

★★★★4
7つの習慣ティーンズ【リニューアル版】 - ショーン・コヴィー, フランクリン・コヴィー・ジャパン
7つの習慣ティーンズ【リニューアル版】 - ショーン・コヴィー, フランクリン・コヴィー・ジャパン

Kindle Unlimited読み放題

『7つの習慣』の十代への解説書。
「7つの習慣」を用いた、中高生向けのセミナーなども行っているようだ。
手帳術など、自己管理の方法を学ぶことも、これからの時代はマストだ。

これからの「よのなか」の生き方に、親や先生はモデルにならない。正解はないのだから、まず思い思いに自分でやってみて修正していくしかないでしょう。(…)こうした変化の一方で、変わらないものもあります。「選択する」ことは変わっていません。私たちにはまだ、自分の人生をどう生きるかを選ぶ自由があります。また、人間関係の大切さも変わっていません。人間関係は今でも一番大切なものです。そして、責任、洞察、チームワーク、奉仕、再新再生といった原則も変わっていません。(no.11-88)

例えば好ましくない状況として、「人のせいにする。(…)自分はいつも犠牲者。自分の人生に何の責任も持たない。動物のように振る舞う。腹が減ったら食べ、本能のままに行動する。」「どんなことがあっても目標を設けない。明日のことは考えない。自分のしたことがどんな結果を招いても気にしない。刹那的に生きる。」「自分の人生で一番大切なことが何であれ、ユーチューブでかわいい動物のビデオを見たり、延々とメールやSNSをしたり、だらだらしてからでないとやらない。」「人生は過酷な競争だ。クラスメートに負けるくらいなら、先に負かしたほうがいい。自分以外の誰かが成功するなんて許せない。すべてのことを勝ち負けでしか考えられない。」「まず自分が話し、それから聞くふりをする」(no229)など。これらは7つの習慣と対応しているものだ。

大人が読んでもわかりやすいし、面白い。
そして、子どもたちがこれを読むと思うとわくわくする。
posted by B&M at 15:51 | Comment(0) | 整理法・手帳・書斎・家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。