2019年08月24日

1063『ゆとり教育から個性浪費社会へ』

★★★3
ゆとり教育から個性浪費社会へ
ゆとり教育から個性浪費社会へ 岩木秀夫

難しい本だった。
「ゆとり教育」で培った、豊かな人間性を表すはずの「個性」は、いつのまにか競争に生き残るための道具と変わってしまうのだ。

 これらの、いわゆる対個人サービスと呼ばれる各種サービス産業の発展は、それまで家族のなかや夫婦のあいだでいとなまれてきた、食事、団らん、家計管理、セックス、生殖、子育て、老人介護などの活動を市場での取引対象にうつし、かぞくのつながりをゆるめます。(p188)


第三次(サーヴィス)産業の勃興、その中で消費者としてもお決まりの振る舞いを求められる我々(マクドナルド社会)。
「個を確立した個人が、ボランティアやNPOで公共に参加(p218)」し、「ぶ厚いミドルクラスが……国家社会を、官(政府)と協力して、理性的・合理的に運営するようになる(p219)」社会はやってこず、「とり散らかったじぶんの身一つの人格を、どうやってひとまとまりに保てるのか、それで手一杯な状況(p219)」になっている、という指摘。

漱石から続く「個人主義」の考え方で生まれた、我々日本人の「自我=アイデンティティ」。
一人一人が大切な個人、個性。
しかし、日本社会の中において、それは有効に教育され、有効に機能しているのであろうか?
posted by B&M at 20:52 | Comment(0) | 社会(・貧困・格差) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。