2018年10月14日

1031『ダンジョン飯』

★★★★4
ダンジョン飯 1巻 (HARTA COMIX)
ダンジョン飯 1巻 (HARTA COMIX) 九井諒子

リアル本で1巻をもっている。
続刊はKindleで読んだ。

0882『竜のかわいい七つの子』とか、0854『竜の学校は山の上』とか、0853『ひきだしにテラリウム』とかの九井さんの、現在連載中のマンガ。
連作、とか、短編、とかの人だったので、連載作品としては長く続いている作品。

登場人物たちのユルさとか独特さとかはさることながら、話のもっていきかたも秀逸である。
才能のある作家さんである。

何より、「食」がテーマである。
食べ物をうまく描くのがうまい。
そしてそれは、RPGのファンタジーの世界である。
メタ世界を用いて、現実を照射するのは、この人の才能。
新しいジャンルの発掘。

「・・・ずっと黙っていたが
 俺は魔物が好きだ。
 姿や鳴き声、どんな生態をしてるのか。

 そのうち味も知りたくなった」

「サイコパスだ」(p023)
posted by B&M at 17:24| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。