2018年09月29日

1029『南国トムソーヤ』

★★★★★5
南国トムソーヤ (1)
南国トムソーヤ (1) うめ

Kindle読み放題。

侮っていた。
表紙の妙にシンプルな色付けとか、アイスキャンディー食べてる感じ、絵柄とかから、軽い感じのありきたりマンガだと思っていた。
で、敬遠していた。

アマゾンレビューで推しのコメントがあったので、読んでみた。
ぐいぐい引き込まれた。

「それが・・・好奇心の壁」
「ネットは便利だし、アタシももちろん使うけどさ。そこに載ってることって、もう誰かが調べたことなんだよね。
 人の好奇心てさ、どんどん突き詰めていくと、いつか誰も調べたことのない世界へ行き着くの。
 まぁその壁を超えるか超えないかは、個人の自由だけど。」(第1巻 no.100)


絵が美麗。
主人公が天才。
内容はオカルト。
で、その空気感がよく描けている。
次は、次はという感じで夢中で読んだ。

3巻では物足りない感じ。
でも、南国の空気感、確かに感じさせて頂きました。
この本が読めたんだから、今月のKindle読み放題のもとはとったな、という感じ。

「沖縄で教職免許取るとさ、一度は離島赴任が決まりなんだよね。」
(…)
「あの人の場合イヤイヤって風でもないけど、エコとかロハスとかスローライフとか、そういうのに憧れて来たものの、現実とのギャップに打ちひしがれてお酒に逃げてるってパターンじゃないの?」(第1巻 no92)



[まとめ買い] 南国トムソーヤ
[まとめ買い] 南国トムソーヤ
posted by B&M at 07:26| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。