2018年09月29日

1028『仕事道楽 新版 スタジオジブリの現場』

★★★★4
仕事道楽 新版――スタジオジブリの現場 (岩波新書)
仕事道楽 新版――スタジオジブリの現場 (岩波新書) 鈴木敏夫

kindleで買って読んだ。

ものをつくりだすほうの人ではなかったけれど、それを統括したり、整理したり、広めたり。
そんなことをしている鈴木さんに、興味をもった。
僕らが昔から魅了されてきたアニメをたくさんつくった、ジブリという会社にも興味があった。

読んでいるうちに、鈴木さんの生き方に魅了された。
物腰やわらかく、とらわれすぎず、「ことば」を大切にする。
集団や組織、若手にも目配りを忘れない。
挫折感がなく、ライバルがいない。
仕事も道楽。遊び感覚で真剣にやる。

「道楽」、いい言葉じゃないですか。無理に何かになろうとしないで、そのときどきのことを楽しみ、その人が好きだからやる。これはまさに「道楽」でしょう?もしかしたら、だからこそ世の中が見えるというところがあるかもしれない。(no.2201)


宮ア・高畑アニメの舞台裏。
ジブリという会社。
ナウシカのラストに悩んだ、というシーンなんかも、面白かった。
posted by B&M at 07:04 | Comment(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。