2018年05月15日

0989『火の山』

★★★★4
火の山
火の山/手塚治虫

Kindle99円。安い!

久々に手塚治虫を読んだ。
表題作の「火の山」は、自然と、それに魅せられた学者などの人たち、またそれを壊す人たち。
それを淡々と描いていた。
さすが手塚治虫、と思った。

ーー自然に山が崩れるのならいい
だが 人間の手で山を崩すのは
……いかん……(No.224)
posted by B&M at 02:00| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。