2018年03月30日

0980『仕事なんか生きがいにするな』

★★★3
仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える (幻冬舎新書) -
仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える (幻冬舎新書) - 泉谷閑示

「生きる意味を感じられない」という、「温度の低い」新しい苦悩。
ハングリー・モチベーションが見つけられず、働くことこそ生きること、とも思えない時代。
それは、夏目漱石の描いた「高等遊民」の苦悩と同じものでもある……。
本書はこのあたりのことを、第1章から第4章まで、わかりやすい口調で考えていってくれる。

本当の自分は果たしてあるのか?
本当の自分探しなどに意味はあるのか?
そこから、第5章の「日常」を楽しむこと、日常に「遊び」を取り戻すこと、ということへつながっていく。
創造的に遊ぶこと。
食を日常の義務とするのではなく、味わうこと。
即興にゆだねてみること。

いかに生きるか、ということについて再考させられる本、という意味では、いろんな「心」や「生き方」や「人生哲学」なんかの本と同じなわけだが、特に、「自分にあった仕事」探しなんかで心悩んでいる人に向けて書く、という制限で書かれた本。
すなわち、仕事をして、お金を稼いで、税金を支払って、家族を養って、自分の墓を用意しなければならない私たちのために書かれた本だった。

またそういうことについて考えたくなったときに、再び開きたい本。

「今を生きること」を犠牲にして、その分何かを貯め込んで将来うまいことをやってやろうといった卑しい「頭」の発想は、われわれの将来が未知であることの不安にうまくつけ込み、数々の金融商品や保険商品等を生み出しました。そういったものをすっかり否定するつもりはありませんが、しかし「今を生きること」をないがしろにしてまで将来に備えるのは、本末転倒以外の何物でもありませn。(p184)
posted by B&M at 04:29| Comment(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。