2018年02月18日

0977『ダース・ヴェイダーとルーク(4才)』

★★★★★5
ダース・ヴェイダーとルーク(4才) -
ダース・ヴェイダーとルーク(4才) - ジェフリー・ブラウン

スター・ウォーズ(SW)のヴェイダー卿の子育て。
絵柄がかわいすぎる。

「そして父と息子として共に銀河を支配するのだ!」
「そしたらおやつくれる?」


エピソード8の公開に先立ち、エピソード5、6、7がテレビで放映されていた。
それで、息子と共ににわかSWファンになった。
今や、家には2本のライトセイバーとレゴ・ミレニアムファルコンがあるくらい。
こんなに面白いものだったのか、と仰天した。

だめだ、ハン・ソロとは遊ぶな。絶対にだめだ。


SW本編のいろいろがわかっていなくても十分に絵柄や、子煩悩な父親、親子の素敵な関係性は楽しめるだろうが、僕には本編への華麗なる言及が面白すぎた。
ルークが野球ボールをライトセイバーで斬ってしまっているのは、あの修業を思い出させる。
ルークが右手首に擦り傷を負って、それにパパが絆創膏を貼ろうとしている(切り落とされたのでなくてよかった!)。
ヴェイダーパパが、息子にダース・モールを描いて教育している。あるいは、「ダース・モールはぱっととんで、クワイ=ガンを倒しましたとさ・・・」と夜、読み聞かせをしている。(もちろん、ルークは眠れない。)
ルークが危なっかしい高所にいて、ヴェイダーパパが「ルーク!危ない!戻ってきなさい」(その後落下しなければいいのだが)。

そして、ジャージャービンクスのおもちゃを前に、
ヴェイダー「これはおまえが探していたおもちゃではない……」
ルーク「ううん、これがそうだよ。」
※旧3部作のSWファンは、ジャージャーを受け入れられなかったらしい。

子育てとは、常に、うまくいかないものである・・・それは、SW本編も、この絵本も、同じように述べていることだ。

それでも、最後のページは、

「パパ、大好き」


と言って、膝に抱きついてくるルークなのだ。

 ***

以下の続編2編も読んだ。

ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア -
ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア -

こちらは、思春期にさしかかるレイアの子育て。
徹底的に反抗され、反発され、思い通りにいかない娘の子育て。

ヴェイダー「フォースのダークサイドの力がどれほどか、おまえにわかれば・・・」
レイア「わかってるって。もう耳にタコができるほどきいたもん。それに、人生には力以上に大切なものがあるのよ。」

それでも最後は抱きしめられて、赤くなるヴェイダーパパ。

 ***

おやすみなさいダース・ヴェイダー -
おやすみなさいダース・ヴェイダー -

こちらは2ページ構成で、寝る前のSWのいろいろなキャラクターに言及。
例えば、パジャマを着るとジャージャーは、いつでもきまって、すってんころりん(耳が腕に入ってる?!)。
例えば、夜の読み聞かせの途中で、シュー、コーと寝てしまっているヴェイダーパパ。

いずれも図書館本。

さらにもう一遍出ているらしい。
それもいつか読んでみたい。
posted by B&M at 15:20 | Comment(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。