2016年10月18日

0958『四谷区花園町』

★★★★★5
四谷区花園町 -
四谷区花園町 - 高浜寛

僕らは正しくはないかもしれません
だけど他にどうやって大切な人を守れるんでしょう・・・(p139)


戦争の影が迫る、大正から昭和の暗い時代である。
34歳で他界した著者の祖父と、著者の祖母の兄からインスピレーションを得て、「この二人を同じ時代の同じ場所に移してみて、どんな風に生きるかシミュレーションして遊んだ結果(あとがき)」の物語。

もっていかれた。
読み進むうちに、どんどん没入していった。
いやあ、すばらしい本です。

会える 会えないじゃなく
君が痛くない辛くない
恐くないことが重要だと思った(p118)


現代の花園町から、四谷区を臨む、そうだ、そういう時代があったのだ。
もう見えなくなってしまった時代との大事な接点を作ってくれる、大事な作品でした。
posted by B&M at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442895851
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。