2016年09月25日

0954『本気でバカになれる人が成功する』

★★★★4
本気で「バカになれる人」が成功する (新講社ワイド新書) -
本気で「バカになれる人」が成功する (新講社ワイド新書) - 櫻井秀勲

僕の座右の銘に、「バカになれない人がバカなんです」がある。
だから、このタイトルには共感した。
図書館本。

「バカ」は、ジョブズの「Stay foolish」にも通じる。

本書は、「そんなバカな」「バカをやる」「バカ正直がいい」「バカみたいに夢中」「いざというときのバカぢから」と、「バカ」というキーワードで人生について語る。
御年70を越える方が著者だった。

著者は、戦後の特攻隊帰りの人などとバカをやった、ロシア語専攻の真面目学生から、雑誌「女性自身」の編集長へ。女性専科でやってきた、という。

「バカになる」とは、人の目を気にせず、評価を気にせず、自分の我が道を行く、自分の喜びを行く、というような意味があったのだと、本書を読んで気づく。

アマゾンの新講社ワイド新書のランキングで33位だった。

「君の仕事はまだ甘いな」
(…)
「よし、まだ発展途上人だ。伸びシロはたくさんあるぞ」
(…)
 明日をつくれるのは完成した人間ではありません。
(…)
明日をつくるのは、伸びシロのたくさんある発展途上人です。(p176-177)
posted by B&M at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック