2016年09月07日

0949『こわいものがこないわけ』

★★★3
こわいものが こないわけ (講談社の創作絵本) -
こわいものが こないわけ (講談社の創作絵本) - 新井洋行

おばけも、おおかみも、かいじゅうも来ないよ。
そう、お姉ちゃんが語りかけます。

せなけいこさんの『ねないこだれだ』や、オニオニ(なまはげ)教育、
そしてそれらに打ち勝とうとせんとする、ヒーロー戦隊への傾倒。

子どもは、我が子は、そうやって、畏怖の念を抱いたり、怖いものを知ったり、だからこそ優しくなれたり、臆病さに打ち勝つ勇気を見つけたり、強くなろうとしたり、するんだろうと信じて、ここまでやってきた。

自らが生み出す幻影と戦う点では、あるいは不健全かもしれないが、現実世界に敵を探し、それらを駆逐せんとすることは、あるいは迷惑なのかもしれない、という思いもあるのだ。
「桃太郎」の昔話を別の視点で見ると、平和な鬼たちにただただ凶悪だというレッテルを貼り、ぼこぼこにするという、バカリズムさんのお笑いを思い出します(YouTubeにあるかもしれないので検索してみてください)。

ともかく、そんな怖いものが現れる夜、についての、大丈夫だよ、というお話しか、と思っていたら、いやはやまた。。。

でも、こわがることができるときにともかくこわがっておくっていうのも、のちにいい経験になるのかも。

ねえ おねえちゃん、
さっきの えほん こわかったね。
よる おそく おきている こは、
おばけに つれて いかれちゃうって おはなし、
ほんとうかな?
posted by B&M at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。