2016年09月07日

0947『しにがみとおばあさん』

★★★★4
しにがみとおばあさん -
しにがみとおばあさん - 鎌田暢子

うちの子どもたちは、この頃、死ぬ、とか、亡くなる、とか、倒れる、とか、ともかくいろんな不吉な言葉を、使うようになりました。
その都度、その言葉はいやだなあ、聞きたくないなあ、と伝えるのです。

もちろん、死について考えることは、生について考えることです。
あるいは、メメント・モリ、今について考えることです。
それを使うこと=それを望むこと
でもなかろうに、何を目くじら立てて、とも思いますが、
やっぱり、人前で平気で「死ね」とか、言う人間になってほしくはないです。

そんな家庭教育の一助になればいいなあ。

「あーあ いやだ。もう しんでしまいたい」
posted by B&M at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック