2016年08月07日

0936『かないくん』

★★★★★5
かないくん (ほぼにちの絵本) -
かないくん (ほぼにちの絵本) - 谷川俊太郎作 松本大洋絵

きょう、
となりのかないくんがいない。


すごい絵本だぞこれは。

大人のための絵本かな。

しぬって、
ただここに
いなくなるだけのこと?


松本大洋さんの漫画が好きだった。
『ピンポン』とか、『鉄コン筋クリート』とか。
この人の漫画には、絵には、独特の「余白」がある。
白さというか、静けさというか。
立ち上ってくるもの、雰囲気というか。

ご高齢となった谷川さんの、その口から語られる物語と、
松本さんの、その雰囲気のある絵とが融合して、
奇跡の一冊となっている。

またそのうち、いやだいぶあとに、読み返してみたい一冊。

真っ白なまぶしい世界の中で、
突然私は「始まった」と思った。
posted by B&M at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。