2016年04月03日

0926『てぶくろ』

★★2
てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本) -
てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本) - エウゲーニー・M・ラチョフ え/うちだ りさこ やく

ロシアの、ウクライナの民話。
実家にあった本で、むかしむかし、自身が母親に読んでもらった記憶がある。
それを、今、我が子へとバトンを渡している。

雪の日、おじいさんが落としたてぶくろの中で、さまざまな動物たちが共存する。

「くいしんぼねずみと ぴょんぴょんがえると はやあしうさぎと おしゃれぎつと はいいろおおかみと きばもちいのしし。あなたは?」
「うおー うおー。のっそりぐまだ。わしも いれてくれ」


肉食のものたちもいて、このひとたちいっしょで大丈夫かな、と思った記憶がある。
今思うに、寒さの前では、みな同じということか。
それほどまでに、おじいさんのてぶくろは暖かい。

てぶくろから顔を出している動物たちの絵が、なかなかシュールで、記憶が蘇った。
posted by B&M at 02:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック