2016年01月31日

0917『旅の途中』

★★★3
旅の途中 -
旅の途中 - スピッツ

バンド結成から20周年までの、メンバー4人の赤裸々な記録。
4ピースバンドが続いていくことって、すごいことなんだなあ。
この本が出版された頃(2007年)、メンバーは40歳。
あれからまた8年が経った。
50を間近にして、2015年に「雪風」を出したが、あれも素晴らしかった。
今、これを書きながら、「さざなみCD」や、「スーベニア」を聴いている。

 俺がギターを始めたのは中学二年のとき。曲作りにはその頃から興味があって、高校一年の時にはオリジナル曲らしきものができあがった。(p9)


プロデューサーとの関係でも、タイアップでも、刺激を受けながら、スピッツは成長してきたのだなあ。

時には、レコード会社に裏切られることもある。
それも、華麗に乗り越えながら、やってきた。(『RECYCLE』)

 俺たちバンドをやっているミュージシャンにとって、いいことは、基本的には二つしかない。
 一つはツアーができること。もう一つは、メンバー全員が納得してアルバムを作って、それを世に出せること。その二つの繰り返しだ。それを飽きもせず、ずっとできてきたことは本当に幸せなことだ。(p311)
posted by B&M at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック