2015年06月25日

0885『渋谷漂流少女』

★★2
渋谷漂流少女 -
渋谷漂流少女 - 出町つかさ

本文とは関係のない、口当たりの良いイメージ写真を間にはさんで、真実かどうか分からないインタビューの羅列本。
でも、漫画になったり、映画になったり、ちょっとしたブームだったみたい。
2007年の本。

今の(都会の)子どもたち(少女たち)は、若者たちは、どうなっているんだろう?
都会暮らしへの興味。
性的奔放に関しての興味。
また、家族の不成立に関しての興味。
そんな興味から読んだ。

個々の(悲劇的な、不幸な、凄惨な)ケースが分かったところで、その少女たちを救うこともできないし、ただ、そういうこともあるものだ、と、ケーススタディが増えた。

最後にひとつ、AVスカウトマンのインタビュー。
ちょっと相対化するみたいで、いい抱き合わせ方。

「叔父さん、今まで私たちに内緒にしてたことがあるって言ったんですよ。母に奇妙な行動や言動があっただろうって。『ふたりのお母さんは心の病気なんだ』って。今は『統合失調症』って呼ばれている精神病の一種だって。だから、そんな母が私たちにしたこと、許してやって欲しいって・・・。(p160,161)
posted by B&M at 02:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会(・貧困・格差) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック