2014年02月11日

0848『鬼ぞろぞろ』

★★★★4
鬼ぞろぞろ (赤羽末吉の絵本) [単行本] / 舟崎 克彦 (著); 赤羽 末吉 (イラスト); 偕成社 (刊)
鬼ぞろぞろ (赤羽末吉の絵本) [単行本] / 舟崎 克彦 (著); 赤羽 末吉 (イラスト)...

今は昔。
鬼が、まだ、いせいのよかったころの話である。


ある日鬼の行列と出くわした男は、鬼のつばきで透明人間に。
見えないことをいいことに盗みを働くが、ある日、観音様のお告げに従い、牛飼いの後をついていき・・・。

わが家では「サンタ」や「鬼」を信じている。
非現実的だ、という向きには、ファンタジーやユーモアの心を育てている、と答える。
脅迫的だ、という向きには、"親も一緒に"怖がったり待望したりしている、と答える。

子どもにとっては、世にも恐ろしい一冊。

鬼とはなんだろう、と考える大人にとってもよい一冊。

こんなにして、ぬすみをはたらいたり
人をいたいめにあわせたりしているうちに、
おれは人間の心をなくしてしまうぞ。
posted by B&M at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。