2012年05月03日

0742『くものこどもたち』

★★2
くものこどもたち (ほるぷ海外秀作絵本) [大型本] / ジョン・バーニンガム (著); John Burningham (原著); たにかわ しゅんたろう (翻訳); ほるぷ出版 (刊)
くものこどもたち (ほるぷ海外秀作絵本) [大型本] / ジョン・バーニンガム (著); Jo...

たにかわしゅんたろう訳。
著者は、『80日間世界一周』なんかの著者らしい。

リアル写真と、絵本の融合。

それだけに、雲の中にいるような、そういうリアルへの橋渡しになっている。

今や、ハリウッドのSFXなだけに、絵本でこういう世界を体験することの意味もあるだろう。

話が脱線するが、昔の、技術が稚拙な頃の映画は、こちらの想像力を試す。
ここは現実にあったらこういうことだろうな、とこちらに想像する余地がある。
すみずみまで行き届いた3D映像などは、そういう余地がなく、洗脳みたいだとも思う。
でも、それが、作家の表現したいことを、そのまま視聴者に届けるということでもある。

話をもとに戻すが、本書は1996年の作品で、SFXが進化しはじめる頃のものだ。
実験的、先駆的な作品だったのかもしれない。

くものなかに、国はあるんだろうか?
くもの中の生活は?

物語自体はステレオタイプ。

そういえばドラえもんにも雲の王国があったなあ。

「かみなりあらしになるよ、
めいっぱい おおきなおとを だしてやろう」
 こどもたちはいった。(真ん中あたり)
posted by B&M at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。