2010年12月22日

0695『ふつうな私のゆるゆる作家生活』

★★2
ふつうな私のゆるゆる作家生活 [単行本] / 益田 ミリ (著); 文藝春秋 (刊)
ふつうな私のゆるゆる作家生活 [単行本] / 益田 ミリ (著); 文藝春秋 (刊)
「猫村さん」みたいな、ゆるゆる漫画。
へたうま。

「で、どうなるんですか?」
「ここから先はマスダさんらしく考えていただいて」
ポカーン
(そのマンガの作者は、わたしでいいのでしょうか?)(p7)

ゆるゆる、油絵科からコピーライターへ、それからエッセイスト、マンガ家へと、大阪から東京(その間半年ほど無職)へと歩んできた著者のエッセイマンガ。
いくつか定型(パターン)があって、すらすらと読めた。
たまにはっとするようなところがある。
ゆるゆるな感じがお好きな人、忙しすぎるからそういう気分になりたい人、にオススメ。
キノコか〜
フッ
まったく興味ない
本当は行きたくないのです(p15)
posted by B&M at 18:47| Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
瀬尾まいこも自叙伝というか学校生活関連のエッセイ出してたなあ、と思っただけ(笑)
Posted by つばさ at 2010年12月22日 23:50
0010『見えない誰かと』
http://25peso.seesaa.net/article/50625135.html
0066『ありがとう、さようなら』
http://25peso.seesaa.net/article/53564476.html
だね。
なんていうか、ゆるゆるエッセイというか、まあ、こういうのは、売れなくても、ある程度の需要はあるよね。
作家に興味がある人とかはね。
読んでいて、日常というか、そういうのが垣間見れていいよね。
Posted by B&M at 2010年12月25日 18:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック