2010年12月07日

0689『通勤電車でよむ詩集』

★★★★★5
通勤電車でよむ詩集 (生活人新書) [単行本] / 小池 昌代 (著); 日本放送出版協会 (刊)
通勤電車でよむ詩集 (生活人新書) [単行本] / 小池 昌代 (著); 日本放送出版協会 (刊)
鼻をつまみながら、便所と愛とを並べて語る。そんなことができるのは、石垣りんを措いて他にいない。わたしは今まで、ずっと「私」に感情移入して読んできた。けれどいまふと、別の事を考える。こんな詩人と暮らしていた、義母とか弟、義弟、そして父親。彼らはどんな思いでいたのだろうと。どちらにとっても家は地獄だ。(p144)


詩を集めてきた生活人新書。
新書大賞2010の第9位とのこと。

詩人の小池昌代さんによって集められた詩に、ちょっとずつ解説が加えられている。
詩って自由だから、その解説はすごく難しい。
でも、詩って難解な時もあるから、ちょっとだけの解説がほしくなったりもする。
その、絶妙なところで、一言、付け加えられているのが、よかった。

家の本ばっかり読んでいた昨今だったが、ちびりちびりとやっていたのである。

帯「次の駅までもう一編。足りないのは、詩情(ポエジー)だった。」
とあるけれど、そしてタイトルにあるように、電車で読むことを想定された詩集だけれど、僕は、トイレでカタンコトンやった。
見開き2ページくらいで読みやすく、でも、かなり時間をかけて読んだ。
読んだ人それぞれにとって、顔を変える一冊。
ぜひ、一読あれ。

若い世代のこの疲れ方、尋常のものではない。もはや個人の疲れは超えた。これは時代の疲労なのだ。わたしの周囲にも疲れている人が一杯。疲れていない人はいない。疲れていないという人がいたら、いるだけで傍らの者が疲れるだろう。「さま」をつけるまで行きつけない。手前でこときれる。ああ、おつかれ。(p166)
posted by B&M at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・短歌・俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。