2010年10月29日

0673『無垢の木と漆喰・和紙でつくる自然素材の家』

★★2

無垢の木と漆喰・和紙でつくる自然素材の家

無垢の木と漆喰・和紙でつくる自然素材の家

  • 作者: 丸山 景右
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2008/05/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



丈夫で量産できるプレハブ住宅が増え、木造軸組工法が古いとされる。
木の家ではなく、ビニールクロスやフローリングの家ばかり。
無垢の木の構造美をデザインに活かす家作りを再び、と、元積水ハウス営業マンが奮闘する記録。
その熱意がすばらしい。

木の家の魅力を知りたくて手に取った一冊。
そんな中で、以下のような問題点を知った。
そういう見地から家を見ていくのもいいかもしれない。

国内の林業は成立しなくなりました。林業従事者は高齢となり、後継者は山を降りました。(…)人の手で植林された針葉樹は、永久に人の手が必要です。(…)山は保水力を失って鉄砲水が流出し、土壌は荒れ、川も平野も海も荒廃し、田畑も漁場も失われ、ついに日本は滅びていくでしょう。(…)日本の木材消費量の八割は海外からの輸入木材です。(…)伐期を迎えた、大量の杉や桧が出番を待っています。(…)日本の割りばしは(…)中国からの輸入品が97%を占めます。(…)中国の森林の乱開発は防がねばなりません。しかし、日本の森林は逆に、伐採量が少なすぎて危険な状態に陥っています。(p56,57)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。