2010年09月12日

0651『ボクは、なんにもならない』

★★★3

ボクは、なんにもならない

ボクは、なんにもならない

  • 作者: さとみ きくお
  • 出版社/メーカー: 美術出版社
  • 発売日: 2008/12/20
  • メディア: 単行本




美しい絵である。
ずっとずっと、背景には、地平線や水平線がある。
それは、地球のお腹、あるいは背中である。
その上で、ボクだけ、なんにもならない。
深重い絵本であった。

でもそれなら、火葬などをやめて、人間もきちんと循環すればいいじゃないか、というと、僕なんかには、心理的に、無理である。
そういう埋葬の文化も、大切な文化である。
だから、そういうのを大切にしながらも、それでも地球を循環しているという意識を持ちながら、なんらかの貢献をめざして生きていくんだろうなあ、と思った。

おにぎりは、ボクになる。
Rice balls become me.
posted by B&M at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。