2010年08月17日

0648『写真がもっと好きになる。』

★★★★★5

写真がもっと好きになる。 菅原一剛の写真ワークショップ。

写真がもっと好きになる。 菅原一剛の写真ワークショップ。

  • 作者: 菅原 一剛
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2008/04/26
  • メディア: 単行本



ほぼ日刊イトイ新聞 - 写真がもっと好きになる。菅原一剛の写真ワークショップ。の書籍化。

ほぼ日刊イトイ新聞 - 写真がもっと好きになる。によると、加筆・訂正(まとめが各項のはじめにくるなど)の上、最終章「ケータイだって、写真がもっと好きになる。」がまるごと未発表の書き下ろしだそうだ。

カテゴリーは写真集だが、写真集、ではない。
写真に関するエッセイ、とか、指南書、である。
名前にも、「ワークショップ」とあるように。

でも、この講義、エッセイみたいな小さい単位で語られていくが、構成なども、なかなかにわかりやすい。
白と黒。
春、夏、秋、冬。
カメラの種類。そしてケータイカメラ。

写真もきれいだし、語り口も良い。

何より、アナログとデジタル、実体(もの)とデジタル、みたいなことを考えていた僕に、よい見方を与えてくれたように思う。

そんな"一枚の写真"は、デジタルな時代にあっても、
"実体のあるもの"なのです。
同時に、あなたが大切に思っていることが、実体を持って現れる瞬間でもあります。(p249)


書籍の方が、写真の発色もよい。
けれど、ちょっと立ち読みしたい、という向きには、ウェブにほとんどのコンテンツが残されているので、そちらのほうを確認していただきたい。
やっぱり、写真じゃないけど、本に「プリント」されることを欲する気持ちっていうのは、あるもんだなあ。

参考:
菅原一剛写真研究所

posted by B&M at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。