2010年06月07日

0625『愛の工面』

★1

愛の工面 (幻冬舎文庫)

愛の工面 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 辻 仁成
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 1997/04
  • メディア: 文庫



辻仁成が描く、カメラ少女。
著者による写真を付す。

ナルシスト?
辻仁成氏に対して、そんな印象がある。
バンドマン、女優との恋、映画化、そういう活動からだろうか。
『ピアニシモ』面白かった。
焼けるような青春の物語、面白かった。
でも、それ以外は、読む気になれない。

でも、第一章の学校への不適応のところを読んで、この写真家の女にちょっと興味をもった。

「作者」から入っている?ダメだなあ・・・。

 私がカメラを向けると、男たちは皆女性化してしまう。カメラはペニスだ。顔の前に突起した肉の塊?(p18)


でも、文章に表れる「臭み」みたいなもの、いわゆる文学臭というようなものが、鼻に付く。

本棚の前の女の写真(p28)が好きだった。

 世界は光と影からなっている。
 私はずっと彼と交わろうとはしなかった。(p24)
posted by B&M at 02:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック