2010年06月02日

0617『THE END OF EVANGELION 僕という記号』

★★★3

THE END OF EVANGELION―僕という記号

THE END OF EVANGELION―僕という記号

  • 作者: 庵野 秀明
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 1997/07
  • メディア: 単行本



エヴァの以前の劇場版が終わった頃の、イメージやコンテと、エヴァのセリフや文章の一部が入っている。
物語自体は、父と子、敵とロボット、少年と少女と、定型なのだが、見せ方やセリフのセンスがいい。
劇場版Qももうすぐ公開だ。

「僕には何もない。何もないんだ」
テロップ『生きる価値が』
「僕にはない」(p72)
posted by B&M at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・短歌・俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック